貴船神社(きふねじんじゃ)/京都府京都市

52

【ご利益】

祈雨の神:水の神様である高龗神(たかおかみのかみ)が祀られていて、古代の祈雨八十五座の一座とされていて、古くから祈雨の神として信仰を深められてきました。
古来より、「雨」を願うときには「黒馬」、「晴れ」を願うときには「白馬」が奉納されていました。
そして、実際の馬の代わりに木の板に描いた馬が奉納されたことがきっかけで、絵馬が発祥したとも言われています。

水の神様:また、高龗神は水の神様であることから、全国の料理・調理業などの水を取扱う商売の人々からも深い信仰を集めています。

縁結び:小説や漫画の陰陽師による人気もあり、縁結びの神としての信仰も集めています。境内はいつも若いカップルや女性で賑わっていますよ。

縁切り:縁結びの神として信仰を集める一方で、「縁切りの神」「呪咀の神(災いが及ぶようにすること)」としても信仰されています。丑の刻参りでも有名な神社です。

所願成就:貴船明神が「丑の年、丑の月、丑の日、丑の刻」に貴船山に降臨したと言い伝えられていて、丑の刻に参拝して願いを掛けることで心願成就のご利益があると信じられています。
これは、呪咀が本来の意味では無く、時代と共に本来の意味が変質したものと思われます。

航海安全:はるか昔、玉依姫(たまよりひめ)が水神を祭ったことが、はじまりで境内奥宮の船形石の小石を持てば、船に関わる人の安全のご利益が得られるとされています。

【歴史と由来】

貴船神社は、創建当初は「木船」や「貴布祢」と書かれていました。
そして、1871年以降に今の社名である「貴船」に改められました。
延喜の制には名神大社となり、二十二社の一つに記載されました。
818年以来、幾度にわたり歴朝の奉幣祈願があり、祈雨・止雨の神として崇拝されていました。
祈雨には黒馬、祈晴に白馬が奉献されました。
江戸時代には賀茂別雷社(上賀茂神社)の摂社とされていましたが、明治以後には独立した本殿、拝殿、権殿等があり、本殿は1863年(文久3)に改修されました。
また境内には祈雨の行事を行った雨乞の滝(あまごいのたき)があります。
そして、奥宮本殿の西には船石といって舟の形に積んだ石里があります。

【住所】

〒601-1112
京都市左京区鞍馬貴船町180[地図]

【アクセス】

京阪電鉄「出町柳」駅下車、叡山電鉄に乗り換える。
叡山電鉄「出町柳」駅から鞍馬線「鞍馬」行きに乗車し、「貴船口」駅で下車する。
「貴船口駅前」から京都バス(運行は春分の日から11月30日まで、冬期は運休)に乗車し、終点の「貴船」で下車、北の方向へ徒歩数分で貴船神社大鳥居前に着く。
京都バス「貴船」下車、徒歩5分

【営業時間】

授与所受付時間
9:00~16:30 (おみくじ・お守りなどの授与受付)
開門時間
9:00~16:30

【定休日】

年中無休

【電話】

075-741-2016

【URL】

http://kifunejinja.jp/index.html

【料金】

無料

オススメ情報

【全国】恋愛パワースポットNAVIにつきまして

【全国】恋愛パワースポットNAVIを訪問いただきありがとうございます。
当サイトは、日本全国の恋愛パワースポットをご紹介させていただいております。
縁結び・良縁・恋愛成就にご利益のある場所の情報を集めました。
恋愛運・結婚運がアップし、素敵なご縁が訪れますよう、参考にしていただければ幸いです。

記事は随時更新していきます。
気になる場所があれば、ぜひ足を運んでみてください。

オススメ占いサイト

パワースポットを検索

占いサイトランキング

只今製作中

カテゴリ

サイトコンテンツ

PR