日枝神社(ひえじんじゃ)/東京都千代田区
13.jpg

【ご利益】

縁結び:縁結びの神社として多くの人が訪れている人気のスポットです。
日枝神社でよく見かける神猿像(しんえんぞう)は、御祭神・大山昨神(おおやまくいのかみ)の使いの猿で、「魔が去る」ことから「まさる」と呼ばれて信仰を集めています。そしてこの「猿」を「えん」と読むことから、ご縁の「縁」とかけ、縁結びのご利益を授かることが出来るとして人気の神社となっているのです。
また、ご祭神の大山昨神自体も「縁結び」と深く関わっています。
大山昨神は酒を造ることが上手な神様でありました。
一説によると丹塗りの矢と化して川を流れ、その矢を拾った玉依比売命(たまよりびめ)と結ばれたといわれています。
これにちなみ、日枝神社のお守りの矢も赤く塗られているというわけです。

【歴史と由来】

日枝神社が創建された年代は不詳とされています。
1478年(文明10年)、太田道灌(おおたどうかん)が江戸城築城にあたり、川越の無量寿寺(むりょうじゅじ)(現在の喜多院・中院)の鎮守の川越日枝神社を勧請したことが始まりといわれています。
1604年(慶長9年)、徳川秀忠が江戸城を改築した際、社地を江戸城外の麹町隼町に遷座したことがから庶民も参拝できるようになりました。
1657年(明暦3年)、明暦の大火災により社殿が焼失してしまいました。
このことから1659年(万治2年)、将軍家綱が松平忠房の邸地を赤坂の社地にあて、現在地に遷座しました。
ここは江戸城の方角からは裏鬼門に位置します。
1868年(明治元年)11月、東京に新たに都を定めた際に、准勅祭社に指定されました。
その後1871年(明治3年)に神祇官直下から東京府管轄に移され、1873年(明治5年)の官国幣社を選ぶ際に漏れ、そのまま東京府の府社となったのです。
1881年(明治14年)に、氷川神社宮司で日枝神社の神官を兼ねていた平山省斎(ひらやませいさい)が、皇城鎮護の神社が府社であることを認めず、官幣大社にしてほしいと意見を出し、1912年(大正元年)には官幣大社に昇格しました。
1945年(昭和20年)の東京大空襲で社殿が焼失し、1958年(昭和33年)に再建されました。

【住所】

東京都千代田区永田町2丁目10番5号[地図]

【アクセス】

●地下鉄千代田線国会議事堂前駅(出口5)徒歩5分
●地下鉄(銀座線・南北線)溜池山王駅(出口7)徒歩3分

【営業時間】

4月~9月:5:00-18:00
10月~3月:6:00-17:00

【定休日】

宝物殿
火曜日・金曜日
神社行事により休館日が変更になる場合があります。

【電話】

03-3581-2471

【URL】

http://www.hiejinja.net/index.php

【料金】

参拝無料

オススメ情報

【全国】恋愛パワースポットNAVIにつきまして

【全国】恋愛パワースポットNAVIを訪問いただきありがとうございます。
当サイトは、日本全国の恋愛パワースポットをご紹介させていただいております。
縁結び・良縁・恋愛成就にご利益のある場所の情報を集めました。
恋愛運・結婚運がアップし、素敵なご縁が訪れますよう、参考にしていただければ幸いです。

記事は随時更新していきます。
気になる場所があれば、ぜひ足を運んでみてください。

オススメ占いサイト

パワースポットを検索

占いサイトランキング

只今製作中

カテゴリ

サイトコンテンツ

PR